保護者ページ
寄付金募集
御国幼稚園概要
入園案内
見学申し込みフォーム(entry)
卒園児ページ

アクセス

 葉山サイド 
〒240-0114
神奈川県三浦郡葉山町木古庭1768

 横須賀サイド 
〒238-0033
神奈川県横須賀市阿部倉25-18

☎ 046-852-0392

幼稚園のご案内

みくに幼稚園は60周年を迎えようとしています。新園舎を完成し、冷暖房設備を完備しました。新生みくに幼稚園のスタートです。

子どもたち一人ひとりを尊重し、心と身体の真の健康を見つめた、あたたかい教育を行なっております。緑ゆたかな牧草広場では四季の恵みにふれ、農園での栽培や収穫を通していろいろな喜びをわかちあう・・・。

子どもの創造性や情操を豊かに育む、自然を活かした環境づくりを心がけ、園長をはじめ、経験豊かな教職員とご家庭との輪を拡げながら、夢や希望に満ちた子どもたちの心を、元気いっぱいに遊ぶ子どもたちの身体を、もっともっと大きく育ててまいります。

教育目標

みくに幼稚園は「心豊かな元気な子」を育てます

教育の3本柱

●知育

●徳育

●体育

具体的な教育方針

1. 何事にも挑戦し諦めない豊かな好奇心を育む教育

2. 優しさ・感謝を大切にする心と個性を育む教育

3. 伸び伸びと運動し、向上心と身体を育む教育

園長あいさつ

 私は日本の人材養成の現状に危惧を抱き、企業経営者から2002年に教育の世界に身を投じました。

 横須賀市立横須賀総合高等学校校長を皮切りに、神奈川歯科大学事務局長、湘南短期大学(現・同大学短期大学部)教員そして日本橋学館大学(現・開智国際大学)事務局長・教員と学校経営や教職に携わってきた立場で日本の教育の現状を見た時に、日本をこれから支えていく人材を養成するには、生まれてから小学校入学までの間での幼児教育の大切さを痛感してきました。このことは、ノーベル経済学賞受賞のシカゴ大学・ヘックマン博士が「幼児教育の経済学」でも述べているとおり、5歳までの非認知能力の涵養が以後の人生に大きく影響するという実践的な研究結果とも合致しています。 

 私は縁あって、2013年に園長に就任いたしました。 みくに幼稚園は、これからの世界を支える子どもたちに、三つの宝を身につけて世に送り出していきます。 一つ目は「自信」という宝です。 二つ目は「よき友や優しい先生たち」という宝です。そして 三つ目は「元気で強い身体や心」という宝です。 この三つは教育方針にあるとおり、みくに幼稚園のカリキュラムを通して、着実に身についていきます。そして卒園してからも、一生持ち続ける宝です。

  みくに幼稚園は、三浦半島のど真ん中の自然あふれる環境に立地している幼稚園です。園の周辺は、自然あふれる山や谷ですし、直ぐ近くには横須賀しょうぶ園や平作川の源流、そして奈良時代からの歴史ある阿部倉温泉もあります。園児たちは毎日、そのような環境の中で山中を走りまわって自然を満喫しています。園内の畑では、園児たちがじゃが芋やさつま芋を栽培し、収穫し、恵みに感謝をしています。 みくに幼稚園の実状をありのままご覧ください。これから入園を希望される方、そして私たちと一緒に教育に携わりたい方のご見学を、いつでもお受けしています。

学校法人 御国幼稚園  
園長 熊谷 和久  
(2013年2月園長就任)

各学年のご案内

なかよしクラス

「なかよしクラス」とは・・・
初めてお母さんと離れて飛び込む新しい世界には、親子共々不安がいっぱいです。
「まだ幼稚園に毎日通うのは早いかな?」と思っている方!
入園する前にお子さんを御国幼稚園の環境に慣らして、よりスムーズにステップ・アップしてみませんか?
「なかよしクラス」は週2回のクラスです。最初は涙が出てしまうかもしれませんが、複数の先生たちが担当して、ゆっくり遊びながら「幼稚園って楽しい♥」ということを、この”なかよしクラス”でたくさん経験して行きます。先生だけでなく、同年代のお友だちや、他学年との関わりの中で、子どもたちの世界も少しずつ広がっていきます!
天気の良い日は”なかよしさん”たちの大好きな牧草広場に行って思い切り遊び、運動場でもたくさん体を動かします。
幼稚園のルールは、遊びの中で先生たちや、在園児のお兄さん、お姉さんたちと一緒に少しずつ覚えていきますので、安心してお預けください!おむつが外れていなくてもトイレ・トレーニングは、お家の方と協力しながら少しずつ進めて行きます。

「元気なみくにっ子」になるために一足早く幼稚園に通い、遊びを通して成長していきましょう!

年少クラス

初めての幼稚園は、保護者の方にとっても、お子さまにとっても、不安がいっぱいかと思います。

毎日幼稚園に来ることで、先生たちやお友だちに会う嬉しさを味わいます。
太陽や自然と元気がいっぱいな御国幼稚園に思い切って飛び込んできた年少さんは、日々の生活を通して成長していきます!
在園児のお兄さん、お姉さんたちと沢山遊び、少しずつお友だちと遊ぶことが楽しくなり、遊びが発展していきます!
家庭生活での環境にはなかった集団生活でのルールを守り、先生たちや同年代のお友だちと過すことで、新しい体験を沢山して、徐々に自立心が育っていきます!
天気の良い日は牧草広場や運動場で、伸び伸びと体を動かします!
そして戸外で思いきり体を動かしたあとは、室内で落ち着いて歌や手あそび、カスタネットやお絵描き等、充実したカリキュラムを楽しんでいきます!

年中クラス

幼稚園生活2年目になる進級児は、「教えてもらう」立場から、「教えてあげる」立場に変わり、胸を張って活動しています。また、園生活が初めてとなる年中児も、進級児と一緒に過ごしていく中で、自然と園生活になじむ事が出来るようになります。
チャレンジ精神旺盛なこの学年は、園外への駆け足に出かけたり、本格的に跳び箱練習を始めたり、絵の具を使ってお絵描きをしたり、新しい事への挑戦を始めて行きます。
階段を一歩ずつ登っていくように、日々新しい経験をする年中さん!
出来る出来ないに関わらず、チャレンジすることの楽しさや喜び、また出来なかったときの悔しさも、すべて受け止めることができるようになります。
このような活動の中で年中さんは、頑張ることの大切さを知り、体験をし、喜びを経験します!
同年代のお友だちと活動をしながら、「言われたからする」のではなく、「言われなくても、考えて活動する」ことが出来るようになります。日常の基本的生活習慣をしっかりと身に付けて、楽しく充実した毎日を過ごしましょう!

年中児ならではの活動: 跳び箱(4~5段)、さつま芋堀り、縄跳び、かけ足デビューなど

年長クラス

御国幼稚園の年長さんは、元気いっぱい笑い声いっぱい!
年少・年中学年のときの経験の積み重ねにより、年長学年にもなるとさらに沢山の体験を経て、友だち同士で協力しつつも、自分たちで考え、乗り越えていった後の達成感は、何にも変えがたい幼稚園時代の思い出となります。
幼稚園内での年長さんは、他の園児のお手本です!
遊ぶときには思いっきり遊び、真剣にするときには、すぐに「本気モード」にスイッチが入ります。
駆け足や、跳び箱、縄跳び、鉄棒も、何度も何度もチャレンジする努力の心があってこそ!
「出来るかな?」から「出来るようになりたい!」そして、「出来るようになった!」
そのような達成感から、あきらめない心が生まれてくるのです!
また、その自信が、新たなる成長へと繋がって行くのです。
小学校に入学したときに、みくにっ子の素晴らしさを改めて感じていただけると思います!
運動や、絵画、音楽、どんなことでも大好きになっていきます!

年長児ならではの活動: お泊り保育、ジャガイモ堀り、海の散歩、老人ホーム等への慰問、鼓笛隊、跳び箱(6段~10段に挑戦!)など

御国幼稚園の制服

なかよしクラス